ダイヤモンドのグレード 4C とは

 男性も女性も、高価なジュエリーを購入する機会が

必ずあるのはダイヤモンドではないでしょうか。

 

なぜなら、婚約指輪というご自分の人生のセレモニーに 必要なジュエリーだからです。

  quri2-5

ダイヤモンドは個々に性質を持ち同じものは2つとありません。

 

そしてダイヤモンドにはご存知グレードがあり、 ダイヤモンドの品質に関わる主な要因を記載する品質の

 

カラット、カラー、クラリティ、カット

 

の評価を行うことにより、 ダイヤモンドの総合的価値を導き出します。

 

この評価がいわゆる4Cと言われるもので ダイヤモンドの評価を表すものです。

 

では、ダイヤモンドの4Cのひとつ。カラットの定義とは?

 

カラットとは重量を表す単位で、1カラットは0.2グラムです。

精密な電子天秤を用いて小数第3位(1/1000カラット)

までを測定します。

 

0、3ct などと記載されている部分ですね。

大きい塊になるほど高価になります。

 

daiyaookisa

 

では、ダイヤモンドの4Cのひとつ。カラーとは?

 

カラーの評価

 

ダイヤモンドは黄色の色調の微妙な違いを評価するのが ダイヤモンドのカラー評価です。

 

一般的には純粋無垢のもの、 Dカラーから始まりEFGH・・・Zまで分類評価します。

カラーの評価をするときはマスターストーンと呼ばれる 色比較用のダイヤモンドを用いて微妙な色の差異を判断します。

 

daiya1daiya2daiya3

 

余談ですがZから下のダイヤモンドや

ピンク、ブルー、パープル、グリーン、オレンジ等の色を持った

ファンシーカラーと呼ばれる様々な色を帯びたダイヤモンドは、

別の分類評価をされるのでご注意。

 

色が無色透明になるほど高価になります。

 

では、ダイヤモンドの4Cのひとつ。クラリティーとは?

 

daiyakizu

 

Clarityの評価磨かれたダイヤモンドを10倍に拡大して検査をし、 インクルージョン(包有物)の有無、大きさ、性質、数を 総合的に判断してclarityの評価を行います。

 

Clarityの評価は、フローレスを最高に 肉眼でインクルージョンが見えるI3まで段階に

分類されております。

diamondgur

 

では、ダイヤモンドの4Cのひとつ。カットとは?

 

カットの総合評価とは、ダイヤモンドのプロポーションと

仕上げ(フィニッシュ)を元に総合的に評価されます。

diamondtable

 

これにはキューレットサイズやガードルの厚さなど、

いろいろな要素がパーフェクトでないと

ハイグレードなダイヤモンドプロポーションにはなりません。

 

唯一、人間が手を施して評価されるカットの部分。

ダイヤモンドの硬さを考えると美しく

カットするのは とても難しいものです。

 

美しくカットされたダイヤモンドの価値が上がるのも わかるかと思われます。

 

カットの評価は、

エクセレント・ベリーグッド・グッド・フェアー・プアー

の段階に等級付けされています。

diamondcut

 

 

 

平常検査を行う際すべてのダイヤモンドについて

 

プロポーションスコープを用いて測定を行い

精度の高い正確なデータを用い、

鑑定を行う機関に 鑑定をお願いしております。

 

また、天然以外のダイヤモンドの混入を防ぐための

粗選別措置をかけていただいております。

 

安心して当店のダイヤモンドをお選びください。

 

daiya